外食産業がめまぐるしい勢いで産業化を遂げ、巨大外食企業の独壇場となりつつあった20世紀が終わり、個性化、多様化する時代のニーズを的確にとらえた昨今の新業態の出現は外食産業の新しいステージの幕開けを明示しています。

時代のニーズを捉える事、すなわち時代と感性を共にする、それがジンテージの創り出す空間の核となるものです。

ジンテージの創り出す空間は、単なるアミューズメントの創造にとどまらず、私達のテーマである新しいライフスタイルの提案であると確信しています。

東京のナイトシーンを震動させたFURAのオープンから5年、私達は数々のクラブ、カフェ、レストランのプロデュース&オペレーションを手掛けトータルな大人の遊びを追求してきました。

2002年ジンテージは4業態の開発に取り組みました。 それは私達に常に求められた非日常的なエンターティメント性と言う角度から私達の”食”を表現したもの。

2003年、新たな業態の開発と共に私達は東京から地方都市にも視野を広げます。そしてレストラン、カフェ、バー、イベントスペース等の運営に取り組む方々の店舗展開のサポートも致します。

常に時代を共感させる....それがジンテージのアイデンティティーです。